でもんず

demonzu-siteバケモノ退治は〈でもんず〉におまかせ!

そもそも〈でもんず〉とはなんなのでしょう? まずは初登場シーンから見てみましょう。

きゃあああああああああああああああああああああ。
バケモノの悲鳴が部屋中に響きわたった。
「なに!? あんたたち!」キヨコさんが怒号に似た声をあげる。
〈テンシ〉の姿が消えていた。
部屋のなかに、数人が流れこんできていた。
奇妙な格好をしている。全身が赤ずくめ。フードのようなものを被り、顔は見えない。
ひとりが手にしていた道具から白い塊が飛んだ。
塊が宙を舞い、部屋のどこかに衝突して、ボムという鈍い音を立てた。
音のしたほうに目をやると、〈テンシ〉の姿があった。
別の塊がそいつにあたった。
きゃあああああああああ。
〈テンシ〉が苦しみ、悲鳴をあげている──ように見えた。
バケモノは四つん這いの格好で、窓のほうへすばやく移動した。
窓にはぶつからずに、すり抜けた。
そのまま白い不気味な女は消えた。
「おねえさん、大丈夫? 聞こえる?」
赤ずくめのひとりが私のそばへ近づいていた。
口元はかろうじて見えるけど、顔の上半分が隠れていて表情はよく見えない。
声と口元の感じから、若い女性だとわかった。
「はい……」私はなんとか声を出した。
「よかった。間にあったんだね」

〈テンシ〉に襲われそうになったマヨさんを救ったのが〈でもんず〉の人たちでした。彼女たちが持っていた道具から「白い塊」が発射され、〈テンシ〉を追い払うことに成功しています。

つまり、〈テンシ〉の撃退を目的として活動しているのが、この〈でもんず〉というわけです。

ところで、このときマヨさんのもとに現れた〈でもんず〉は、顔が隠れていました。中身はいったいどんな人たちなのでしょう。

エレベーターの扉が開き、人が出てきた。
3人。
いずれも20代と思われる若い女性だった。赤いレインコートは着ていない。ひとりはOLのスーツ姿。あとのふたりはカジュアルな服。

赤いコスチュームの中身は、いたってふつうの若い女性のようです。

さて、そんなバケモノ退治に、行きがかり上、マヨ先生も参加することになります。はじめて〈でもんず〉の衣装を着た先生の感想は──。

基本的にはちょっと厚手のレインコートという感じ。そう考えると、色が真っ赤で派手すぎるものの、なかなかオシャレと言えなくもない。

──だそうです。

それにしても、なぜ〈でもんず〉はこんな格好をしているのでしょう?

コスチュームを装着しおわると、なんだか楽しい気分になってきた。
私はそんな趣味はないけど、コスプレをしているような──いや、これはコスプレそのものか──ふだんとはちがう自分になった気がした。
気恥ずかしさも見事に消えている。〈テンシ〉退治のばかばかしさをやわらげる。こんな衣装を着るのはそれが目的かも。

〈でもんず〉は「謎の組織」でありますが、なかなかつかみどころがない存在ではあります。

『こちら本部。状況を報告せよ』
スピーカーから声が聞こえた。〈でもんず〉たちが持つトランシーバーかなにかから鳴っているようだ。
「たったいま完了した」ひとりが応じる。
『犠牲者は?』
「ひとり。高校生。すでにそちらに運んでいる」
『了解』

こんなふうにまるで軍隊のようなふるまいも見られます。ますます謎が深まります。

マヨ先生とミライさんに聞いてみた

mayomirai.jpg

──わからないことは、実際に〈でもんず〉の人たちに聞いてみればよかろうなのだ。

マヨ「正直いっちゃうと、私は自分のこと〈でもんず〉の正式メンバーだと思ってないんだよね」

──え? そうなんですか?

〈でもんず〉に、大学のサークルみたいなノリで参加していたけど、ほんとはもっと真面目な組織なのではないかと思えてきた。

マヨ「ほら……ここにあるように、私は軽いノリで参加していて、そのおかげでひどいめにあっちゃって……」

ミライ「でも、別に資格試験があるわけではないし、わたしはマヨさんは立派な〈でもんず〉の一員だと思ってますよ」

──ところで、上のイラストでは拳銃のようなものを持っていますね。こんなの日本で許されるんですか?

マヨ「もちろん。だって、これ水鉄砲だもの」

──え!?

ミライ「このなかに〈テンシ〉を追い払うための液体が入ってるんです。っていうより、たぶん本物の銃を撃ってもダメだと思う、〈テンシ〉は」

「敵を探すときは、トリガーに指をかけて、いつでも撃てるようにして」ナツミはそう言いながら、テレビドラマの刑事がやるように、両手に持った銃を胸のあたりに持ってくるしぐさをした。
「バケモノは、天井にいることが多い。だから、視線は上に向けること」
「あの……〈テンシ〉を見つけたら、どうすればいいんですか?」ミライちゃんがかすれるような小さい声でたずねる。
「もちろん、この銃で攻撃して。このなかには、塩を溶かした水が入ってる。標的にあたれば、ひるませることができるから」

──〈テンシ〉のページで、敵を倒すには塩をぶつければいいと教えていただきました。つまり、水鉄砲のなかに塩水が入っているわけですね。

マヨ「そういうこと。塩そのものをババッとぶつけるより、飛距離も出るし、当てやすいからね」

──あと、〈でもんず〉っていう名前は、〈天使〉に対抗するもの、つまり〈悪魔(demon)〉から来ているんですよね?

マヨ「う〜ん……私もずっとそう思ってたんだけど、別の説もあって……」

ミライ「以前、マヨさんと話していてその話題になったんですけど、『デモンズ』っていう映画があるんです。ご存知?」

──もちろん。いちおうここはホラー小説のサイトですから。ダリオ・アルジェントっていうイタリアの有名なホラー監督の作品ですね(ただし、この映画では監督ではなく製作)。

マヨ「そこからとったのではないかと思うんだけど……でも、ナツミがそんな映画知ってるわけないしなあ……」

──コスチュームが赤いのは、キリスト教で「赤」は「悪魔の色」って言われているからですか?

マヨ「たぶん、ちがうと思う」

──へ?

マヨ「ナツミの好きな色が赤なんだ」

振りむくと、ナツミが立っていた。
薄い黄色を基調とした浴衣。下駄の赤い鼻緒が絶妙なアクセントになっている。手には小さい団扇を持ち、ヒラヒラと動かしている。風を送っているのではなく、形式的にあおいでいるようなしぐさだ。

玄関のところまでやってくると、イスに腰かけ、本を読んでいる人がいた。
ナツミだ。ブックカバーの赤色が目に飛びこんでくる。

ミライ「ほら。ナツミさんの着ている服を見ると、あちこちに〈赤〉があしらってありますよね」

マヨ「そう……どこかワンポイントで入れるのが好きみたい」

──〈でもんず〉の衣装はワンポイントじゃなくて全身が真っ赤だけど……。

ミライ「あら? マヨさんの前でナツミさんの悪口はダメですよ」

──いや、別に悪口では……。話題を変えましょう。ミライさんは、どうして〈でもんず〉に?

ミライ「わたしは小さいころから霊感が強くて、いろいろ興味を持って調べているうちに、ナツミさんから〈でもんず〉のことを教えてもらって」

──へ〜、ミライさんはそっち系の人なんですか? つまり「見える」人。なんかホラーっぽくなってきました。

マヨ「『心霊学園ホラー』ってこと忘れてない?」

ミライ「ほら。今もあなたのうしろに……」

──やめてください。

ラインナップ

表紙画像
『天使の街~ハルカ~』
憧れのセンパイがバケモノになってしまう哀しき少女の物語。¥250

Amazonで買う

iTunes storeで買う

このサイトで買う

そのほかの電子書店で買う

このサイトの購入方法

表紙画像
『天使の街~マヨ空』
バケモノたちに運命を歪められる悲運の女たちのストーリー。¥400

Amazonで買う

iTunes storeで買う

このサイトで買う

そのほかの電子書店で買う

このサイトの購入方法

ページ上部へ戻る