マヨ(高校教師)

mayo_site

マヨ先生に見た目と性格のギャップ萌え!?

マヨ先生は、私立麗宝学園高等部・国語科の教師です。

見てのとおり、マヨ先生は美人です。「かわいい」というより「キレイ」なタイプ。

こういう見てくれの人は、性格が高ビー(高飛車)と相場が決まっておるのですが(偏見)、マヨ先生はそんなことはありません。

東京の下町育ちということもあって、サバサバした性格で、見た目の印象とはだいぶ異なります。だから、「どうせお高くとまってるんでしょ?」なんて思って接すると、「あれ?」ってなります。

見た目どおりの性格であれば、生徒たちからは総スカンかもしれませんが、もちろん、マヨ先生に対する生徒たちの好感度は高いです。

年齢は24歳。教師暦は2年目ですから、生徒たちから見ると、先生というより「頼れるお姉さん」という感じなのでしょう(よくわからんけど)。

マヨ先生に関わった人たちは、みんな口をそろえて「愛があふれている人」と言います。「愛とは何か?」なんて、私にはわかりません。わからないなりに言い換えると、「包容力がある」「自分に厳しく他人に優しい」ということなのかもしれません。

何か問題起こっても、マヨ先生は決してあわてません。冷静にものごとに対処していきます。楽天家ということもできますし、ちょっと間が抜けている、なんて言いかたもできるかもしれませんね。

『天使の街〜マヨ〜』には、女子大生のマヨさんも登場します。「教師としての責任」を背負っていないせいか、女子大生のマヨは、とても能天気です。

『天使の街』は、言ってみれば“幽霊退治”のお話です。マヨは、行きがかり上、ゴースト・バスターズみたいな組織に所属することになります。

義務感から幽霊と戦っているのではなく、単に「好きな人と一緒にいたいから」という理由で参加しています。じつに動機が不純です。そんなことでいいのでしょうか?

だからバチが当たった──というわけでもないのですが、作者によって、マヨには過酷な運命が用意されているのでした。

ヤヨイ(麗宝学園高等部3年生)の話

yayoi-thumbnail.jpg──マヨはどんな先生ですか?

「どんな先生ねぇ……いいんですか? ネタバレになりますよ?」

──いや、ネタバレはマズイな……じゃあ、最初に会ったときの印象を教えてください。

「最初に会ったとき……あれは、そうだ、マヨ先生が新任教師として初めてこの学校に来て、ウチが校内を案内してあげたんだっけ。そしたら、くっ、くくくく」

──ちょっと! 思い出し笑い自重。

「マヨ先生がさ、ウチのこと『ヤヨイさん』って、『さん』づけで呼ぶからさ、ははははは」

「よし。これでひととおり案内するところは案内したかな」
「ありがとう、ヤヨイさん」
「あ。そこはヤヨイで。『さん』づけする先生なんて、この学校にいないよ」
「あ……ありがとう……ヤ…ヤヨイ……」
「ぎゃはははは。マヨ先生、緊張してる! きゃはははは」
ヤヨイが顔をクシャクシャにして笑っている。 私は自分が赤面しているのを感じた。
そうだよ。私は教師なんだから、生徒を呼び捨てにしていいんだよ。本人がそうしろって言っているわけだし。

「まあ、とにかく、最初はビビったよね。あんだけの、アレだもん」

──アレ?

「めっちゃ美人ってこと。だからさ、ウチらも、ちょっと身構えちゃって。でも、実際は、美貌を鼻にかけたりしなくて、けっこう気さくで、教え方も熱心だしさ、ウチは好きだよ」

──あ、ありがとうございました。

「ねえ、ウチの紹介のときも、誰かに話を聞くんでしょ?」

──そうだね。誰に聞くのがいいかな?

「一番いいのは、マヒルだけど……あいつに聞くのは無理だよね?」

──うん。そうだね無理だね……

「……」

──元気出して、ヤヨイさん。

「いや、落ち込んでいるわけじゃないよ。だって、あいつは今しあわせだってことはわかってるわけだし、実際に会えなくても……」

──おっと、ネタバレはそこまでだ。

マヨのナレーションによるプロモーションビデオはこちらです。

ラインナップ

『天使の街〜ハルカ〜』
表紙画像
憧れのセンパイがバケモノになってしまう哀しき少女の物語。¥250

Amazonで買う

 

iTunes storeで買う

 

このサイトで買う

 

そのほかの電子書店で買う

 

このサイトの購入方法

 

『天使の街〜マヨ〜』
表紙画像
バケモノたちに運命を歪められる悲運の女たちのストーリー。¥400

Amazonで買う

 

iTunes storeで買う

 

このサイトで買う

 

そのほかの電子書店で買う

 

このサイトの購入方法

ページ上部へ戻る