カテゴリー: プロダクションノート

プロの校正者は小説のどこをチェックしているか

校閲発注のイメージ

『天使の街』では、プロの校正者さん(校閲さん)に原稿のチェックを依頼しました。セルフ・パブリッシングでは、そこまでやる人はあまりいないと思いますが、作品としても商品としても完成度を高めたい、という想いから、意を決してお願いすることにしました。

今回は、校閲さんにどのような指摘をいただいたか、また事前にどんな準備したか、といったことをご紹介していきます。
続きを読む

小説の主人公を声優さんに演じてもらってアニメ監督気分を味わおう!

音声収録のイメージ

『天使の街』のプロモーションビデオでは、プロの声優さんに主人公を演じてもらっています。

まずはこちらをご覧ください。


私は業界関係者ではないし、声優さんの知り合いもいません。

イラスト主題歌と同様、これもウェブサイトを最大限活用して実現させたわけです。
続きを読む

素人がプロのミュージシャンに曲を書いてもらう方法

音楽の発注

すでにご紹介しているように、『天使の街』のプロモーションのため、プロのミュージシャンにイメージソングを作っていただきました。

完成品はこちら。

『天使の街』イメージソング「天使の運命(さだめ)』

私自身は「かつてバンドをやってました」などということはなく、音楽を作ることはおろか、楽器を弾いたこともありません。もちろん、ミュージシャンの知り合いもいません。そんな人でも、曲を書いてもらえる。というわけで、私が今回とった方法をご紹介していきます。
続きを読む

ラインナップ

『天使の街〜ハルカ〜』 表紙画像
憧れのセンパイがバケモノになってしまう哀しき少女の物語。¥250

Amazonで買う

 

iTunes storeで買う

 

このサイトで買う

 

そのほかの電子書店で買う

 

このサイトの購入方法

 

『天使の街〜マヨ〜』 表紙画像
バケモノたちに運命を歪められる悲運の女たちのストーリー。¥400

Amazonで買う

 

iTunes storeで買う

 

このサイトで買う

 

そのほかの電子書店で買う

 

このサイトの購入方法

ページ上部へ戻る